Japanese / English
生物遺伝子変動分野について

数日オーダーの短時間スケールから数億年オーダーの長時間スケールまで、生命は絶え間ない環境の変化に応じて適応・進化してきました。この複雑なプロセスを解き明かす上で強力な手がかりとなるのが、生物の持つDNA全体にあたるゲノム、発現しているRNA全体にあたるトランスクリプトーム、環境中のDNAの網羅的な計測であるメタゲノムなどのオーミクスデータです。特に、生物学に革命を起こしつつある超高速遺伝子配列解析装置(第2世代シーケンサ)は、これらの網羅的データを様々な問題を解くために自在に計測できる全く新しい研究環境を生み出しました。また、それと同時に、これらの網羅的データを俯瞰的な視点から解析し新しい概念や仮説へ結びつけていくための学問であるバイオインフォマティクス(情報生命科学)が、これからの生物学に必須な学問分野として注目されるようになりました。

生物遺伝子変動分野は、この新しい分野の盛り上がりを受けて東京大学大気海洋研究所に2010年に設置された分野です。生物学における近年の急激な技術革新を背景に、バイオインフォマティクス・分子生物学・フィールド科学の手法を駆使することで、ゲノム進化や環境・生態系オーミクスなどに関わる新たな解析手法を開拓するとともに、生命と地球環境の相互作用とそのダイナミクスを、海洋という魅力的な舞台において探求していきます。

メンバー
木暮 一啓 [WebPage]
教授
海洋微生物学
吉澤 晋
特任研究員
発光細菌/光従属栄養性細菌/細菌分類学
岩崎 渉 [WebPage]
兼務准教授
(本務先:大学院理学系研究科生物科学専攻)
バイオインフォマティクス
石谷 佳之
特任研究員
進化古生物学/系統学
藤村 玲子
特任研究員
メタゲノミクス/微生物群集動態
小田 伊佐子
技術補佐員
小泉 眞紅
技術補佐員
関連組織
東京大学大気海洋研究所地球表層圏変動研究センター
アクセス
〒277-8564 千葉県柏の葉5-1-5 東京大学柏キャンパス 大気海洋研究所
柏キャンパスへのアクセスキャンパスマップ